V・ファーレン長崎は元日本代表FW玉田圭司に獲得オファーを送ったとスポニチが報じている。
2018年に初のJ1を戦い勝ち点30を獲得したものの降格となってしまった長崎は、リスタートとなる来季に手倉森誠監督を抜擢。
日本代表で長くスタッフをしていた早川フィットネスコーチも招聘するなど積極的に動いている。


そんな中、手倉森監督が玉田の獲得を熱望しているとのこと。


38歳の玉田は、今季特に後半戦で主力として名古屋の残留に貢献したが、クラブから契約更新のオファーが無く、その際に労いの言葉も無かったという。


ベテランの玉田には多くのクラブが興味を示しているようで、争奪戦になる可能性もある。


また、清水を退団した角田誠の獲得が濃厚で、GK楢崎正剛のこともチェックしている。

----------管理人コメント------------

玉田は悲しい去り方だったので良いオファーがあるといいですね。
ただ、狙ってる選手がベテランばかりなのが気になりますね。