セレッソ大阪は川崎フロンターレのアタッカー三好康児の獲得に動いていると日刊スポーツが報じている。
三好は今季、川崎から札幌へ期限付き移籍した三好はペトロヴィッチ監督の元でシャドーとしてプレー。
主力として重要な戦力になっていたため、札幌は完全移籍とローン期間延長を目指していたが断念、川崎復帰が決まった。


ただ、リーグ王者の川崎でのポジション争いは元ブラジル代表レアンドロ・ダミアンや大卒ルーキーの三苫薫などの加入によって激化することは必至。
そこで主力の大量流出に苦しむセレッソが狙いを定めた格好だ。


東京五輪での活躍を目指す三好にとっては出場機会の確保は重要。
どういった決断をするか注目が集まる。

--------管理人コメント---------

川崎に復帰した経緯からして三好の川崎愛は強そうなので、実現するとしてもローン移籍ですかね。