DxmWWKOX4AAIRSK

RBライプツィヒがザルツブルクからハンネス・ヴォルフを獲得するとすると発表した。加入は来夏。契約は2024年まで。
ザルツブルクの下部組織で育ったヴォルフは、若手版CLであるUEFAユースリーグで欧州ナンバーワンに輝くと、昨季のマルコ・ローゼのトップチーム監督就任に伴い、自身もトップに定着。


メインポジションはトップ下で、昨季ELでは守備の安定も考えてシュラーガーの方が序列が上だったが、今季はシュラーガーが本来の1列後ろのポジションに戻り、スタメンで出場することが増加。パフォーマンスに大きな成長が見られ、ポジション争いでも南野拓実を半歩ほどリードしている格好だ。(ヴォルフと南野の併用もある)


RBライプツィヒは今冬にすでにザルツブルクからハイダラの獲得を決めており、その際にヴォルフも狙っていたと報じられていた。
またヴォルフは、RBライプツィヒがレッドブルルートでの引き揚げを使って強化することに対して嫌悪感を抱いているとも言われていただけに、少し意外という見方も出来るかもしれない。


ナーゲルスマンの来季就任が決まっているRBライプツィヒ。その下準備が着々と進んでいる。

--------管理人コメント----------

ハイダラに続いてヴォルフまで獲るとか結構エゲツないですね・・・。
ヴォルフはライプツィヒではない別のチームに行くと思ってました。
それこそローゼが行くと見られているホッフェンハイムに付いて行くとか。