91cec14dfdadeb1b86f46e6082aac0e7
昨季ELでレアル・ソシエダ、ドルトムント、ラツィオと主要リーグの強豪に勝利してベスト4に進出したザルツブルク。多くの若い選手が躍動し、内容も魅力的でヨーロッパ内において存在感を高めた。
しかし、過去にはクロップ・ドルトムントなどもそうだったように、こういったチームが躍進すると草刈場になってしまうのは必然の流れだ。


RBライプツィヒからの引き抜き
DxmWWKOX4AAIRSK

F1チームのレッドブル・レーシング、トロ・ロッソのようなモータースポーツに代表されるように、様々なスポーツをサポートする世界的なエナジードリンクメーカーのレッドブルは、サッカーチームだけでもザルツブルクやニューヨーク・レッドブルズなど複数保有している(ザルツブルクは建前上スポンサーという位置付けになってはいるが)。そして、そのピラミッドの頂点にいるクラブがRBライプツィヒだ。
16/17シーズンに1部昇格すると、そのヒエラルキーはより明確になり、ザルツブルクはこれまでにナビ・ケイタ、ライマー、ウパメカノなど多くの選手を引き抜かれている。
今冬にもハイダラが移籍し、来季には19歳のハンネス・ヴォルフまで加入することになった。


強豪チームからのオファー
DtMaEndWsAI5olp

クラブが注目されると、強豪チームからオファーが来るのは自然なことだ。
昨季から絶対的なエースとなっているイスラエル代表FWダブールはセビージャへの来季加入が決まった。
彼だけでなく、中盤センターのユーティリティプレイヤーであるシュラーガーや、ホールディングミッドフィルダーのサマセクも人気銘柄で、夏にチームを離れても不思議ではない。


選手だけではなく監督、コーチも
DuUufZvXcAIEIhZ

ザルツブルクの現在の躍進は監督とコーチの手腕なくして語れないだろう。
若手版CLのUEFAユースリーグで各国の強豪クラブのユースを次々と倒してヨーロッパナンバーワンになり昨季就任したローゼ監督とアシスタントコーチのレネ・マリッチは、トップチームでも説得力のあるサッカーで結果を出した。
ローゼ監督は昨季終了時に契約延長に合意したが、サインしたのはたった1年の延長のみ。2020年までの契約なのだ。
このことから、今季限りでステップアップすることが濃厚と見られ、RBライプツィヒの次期監督就任がすでに決定しているナーゲルスマンの後任としてホッフェンハイムへ行くとも報じられている。その際に、ユース監督時代からタッグを組んでいるレネ・マリッチを連れて行く可能性は大いにある。なので、来季は選手だけでなくスタッフ陣の大幅な変更を強いられるかもしれない。



以上のことから、ここ2シーズン強さを見せていたザルツブルクは来季、解体を迫られることになるだろう。
これまで予備予選やプレーオフで敗れて逃し続けたCL本選出場は、今季リーグ戦に優勝すればストレートイン出来る。
悲願だったCLに来シーズンどのような体制で臨むか、南野拓実はステップアップしているのかそれともCL出場を選ぶのかなど、注目していきたい。