RBライプツィヒが”新たなレッドブル・ルート”から19歳のアメリカ人を獲得

NO IMAGE

RBライプツィヒはアメリカMLSのニューヨーク・レッドブルズからタイラー・アダムスを獲得したと発表した。
2023年までの契約で、2019年1月から加入となる。


10代ながらすでにアメリカ代表での出場もあるアダムスは、守備的な中盤を本職としてサイドバックもこなせるプレーヤーだ。

彼はニューヨーク・レッドブルズ・アカデミーで育ち、トップチームに引き上げられたレッドブル産の選手で、そこでの活躍が認められて、ピラミッドの頂点であるRBライプツィヒ入りが決まった。

これまでライプツィヒは同じレッドブル・グループからの引き上げでは、ウパメカノやライマーなどザルツブルクに所属している選手の獲得を主流としていたが、今回は”ニューヨーク支部”から引き抜く形となった。

夏には昨季までニューヨーク・レッドブルズの監督だったジェシー・マーズチをコーチ陣にも加えており、これからはオーストリア以外のレッドブルチームからの引き抜きも加速するかもしれない。

——————管理人コメント————————

ライプツィヒは今夏ナビ・ケイタがリヴァプールへ移籍した後釜の獲得に失敗して(ルディなど)、カンプルとデンメへの依存度が高いので、中盤でハマるとチームが助かりそうですね。

NYレッドブルズカテゴリの最新記事

CLOSE