DFラインに怪我人続出のRBライプツィヒ ムキエレも離脱

RBライプツィヒは、ノルディ・ムキエレが右太ももハムストリングの筋損傷により離脱することを発表した。ムキエレはヘルタ・ベルリン戦の終盤に負傷交代していた。 RBライプツィヒは現在コナテ、オルバン、ハルステンベルクとDFラインに怪我人が続出しており、最近では本職右SBのクロスターマンがCB、中盤が主戦場のライマーが左SBを務めるなどやり繰りに苦しんでいる。 そんな中、今季ナーゲルスマンの元、昨季より […]

RBライプツィヒのヘルタ・ベルリン戦kicker採点と今節のベストイレブン

ブンデスリーガ第11節でヘルタ・ベルリンに逆転勝利したRBライプツィヒ。 kicker採点 好調のヴェルナーに1.5、アシストなど中盤で輝きを見せたライマーが2の高評価。途中出場で得点を決めたカンプルにも2の採点。ヌクンクとアンパドゥは採点無し。 今節のベストイレブン ベストイレブンの方にもヴェルナーが選ばれた。そのほかにはデア・クラシカーを制したバイエルン・ミュンヘンから5人選出された。 今節の […]

ザルツブルク、ハーランドのハットトリックで3位ヴォルフスベルガーに勝利 南野1アシスト(ハイライト動画あり)

ザルツブルクはオーストリア・ブンデスリーガ第14節をアウェイでヴォルフスベルガーと戦い、3−0で勝利した。 スタメン 3位チームとのアウェイ戦ということでガチメンバーに。2列目のダブルトップ下は南野と共にコイタが先発に起用された。 試合経過 4分、南野とユヌゾヴィッチのパス交換で南野がペナルティエリア内に侵入すると、得意のターンからクロス。これをハーランドが合わせて先制。 その後はヴォルフスベルガ […]

ケルンがバイアーロルツァー監督を解任 元RBライプツィヒ指導者

ケルンはアヒム・バイアーロルツァー監督の解任を発表した。 1部では中々上手くいかず バイアーロルツァーは元RBライプツィヒの指導者で、U17チーム、U19チーム、そしてラングニック監督時代(2部時代)にはアシスタントマネージャーを務めた過去がある。その後、レーゲンスブルクを経て昨季途中にケルンの監督に就任。チームを1部昇格に導いていた。 しかし、1部復帰となった今季は11試合2勝1分け8敗で降格圏 […]

RBライプツィヒが今季4つ目のユニフォームを発表 今日の試合で着用

RBライプツィヒは今シーズン4つ目のユニフォームとなるデザインを発表した。 今季はこれまで、例年通りの白と紺色の1st、2ndユニフォームとCL専用ユニフォームの3つを着用しており、この真っ赤なユニフォームが4thキットとなる。 このユニフォームは今日行われるヘルタ・ベルリン戦で着用する予定。 購入を検討の方はこちらから。

17歳の逸材アデイェミを狙うバルセロナからのオファーをザルツブルクが拒否 アーセナルとリヴァプールも獲得に興味

『transfermarkt』は、バルセロナがザルツブルクのカリム・アデイェミ獲得に関して1500万ユーロのオファーを送ったものの、オーストリアのクラブはこれを拒否したと報じた。また、アーセナルとリヴァプールも獲得に興味を持っているとのこと。 現在セカンドチームのリーフェリングでプレーしている17歳のドイツ人アタッカーは、今季リーグ戦(オーストリア2部)とUEFAユースリーグ合わせて13試合に出場 […]

メガクラブが狙うハーランド獲得競争にRBライプツィヒも遂に参戦か

CL4試合7ゴールを含め、ここまで公式戦17試合で23ゴールを記録して、瞬く間に世界で最も注目されるティーンエージャーの1人となったザルツブルクのハーランド。マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、アーセナル、レアル・マドリード、バルセロナ、ユヴェントスなどのメガクラブが獲得を狙うノルウェー代表ストライカーの争奪戦にRBライプツィヒが参戦するかもしれない。『Sky Sports』が伝えている。 […]

レッドブル・フットボール好きは必見! 今月のfootballistaは「ストーミング特集」 ナーゲルスマンやラングニックのインタビューなどレッドブル系指導者の記事が盛り沢山

今月のfootballistaはストーミング特集 欧州サッカーを中心に、現代フットボールについて毎月1つのテーマを元に掘り下げる月刊誌『footballista(フットボリスタ)』。11月12日に発売される12月号は「ストーミング特集」ということで、多くのレッドブル系指導者、チームについての特集が掲載されているようだ。 今月号の主な中身 公開された目次を見てみると、インタビュー記事にはナーゲルスマ […]

RBライプツィヒのCLゼニト戦kicker採点

今週のCLでゼニトに2−0で勝利したRBライプツィヒ。 この試合のkicker採点がこちら。 貴重な先制点を決めたデンメが1.5の高評価。ザビッツァーとウパメカノにも2の高い採点がついて、そのほかは比較的平均的な評価だった。また、途中出場のカンプルは3.5、ヴェルナーとハイダラは採点無しだった。

日本代表メンバー発表:W杯予選と親善試合の2チーム編成を採用 南野はキルギス戦のみの招集

W杯二次予選キルギス戦と国際親善試合ベネズエラ戦に臨む日本代表が発表された。 アウェイでのキルギス戦を終えると、一部の海外組が所属クラブへと戻り、ベネズエラ戦を補充された国内組も含めて戦うような編成となった。 南野はCLを戦っていることもあってかキルギス戦のみの招集に。ザルツブルクにとってはありがたい措置となった。 同様に所属クラブでコンスタントに出場機会を得ている鎌田、伊東、安西、長友、シュミッ […]

Comments最新のコメント

CLOSE