Pickup

RBライプツィヒとRBザルツブルクの試合を「最安」で視聴する方法

EURO2020と東京五輪が終わり、本格的に始まる21/22シーズンのヨーロッパサッカー。 そんな中、今回はレッドブルが保有する2つのヨーロッパサッカークラブ、RBライプツィヒとRBザルツブルク(+リーフェリング)の試合を「合法的に最安で」視聴する方法をまとめました。 RBライプツィヒは月額999円(税込)、RBザルツブルクとリーフェリングは無料で見ることができます! RBライプツィヒの最安視聴方 […]

RBライプツィヒのユースから“アカデミーを廃止した”クラブへ ブレントフォードの育成戦略とは

 昨年7月、RBライプツィヒにとって大きな移籍取引きがあった。  それが、U-19チームに所属していたマッズ・ビストルップのブレントフォード移籍である。  これだけを見れば、ただ単にユースの選手が別のクラブへ移籍しただけと思われるかもしれない。  だが、このブレントフォードというチーム、実はアカデミー組織を持っていないのだ。  今回はクラブ史上初めてプレミアリーグに昇格し、いきなり開幕戦でアーセナ […]

ユース王者からハーランドと南野の穴埋めへ メルギム・ベリシャの山あり谷ありなキャリア

 ショボスライ、ライマー(共に現RBライプツィヒ)、シュラーガー(現ヴォルフスブルク)、ライナー(現ボルシアMG)…。RBザルツブルクのユースがこれまで輩出してきたスターは数多くいる。  メルギム・ベリシャもRBザルツブルクユース出身だ。 この投稿をInstagramで見る Mergim Berisha(@mergimberisha37)がシェアした投稿  昨季はオーストリア・ブンデスリーガで28 […]

乗り換え、1部昇格、監督交代… レッドブル・フットボールのブラジル支部、RBブラガンチーノの歴史

 レッドブルの保有するサッカーチームは主に4つある。RBライプツィヒ、レッドブル・ザルツブルク、ニューヨーク・レッドブルズ、そしてレッドブル・ブラガンチーノ。  RBブラガンチーノはその中で最も新しくできたチームだ。  それでも1部に昇格して2年目のクラブは、今季ブラジル全国選手権で一時首位につけ、現在も上位に食らいついている。  しかし、ここまでの道のりは決して平坦なものではなかった。  レッド […]

「レッドブルを連想させるな!」 RBライプツィヒのロゴ変更の歴史

 サッカークラブの「エンブレム」、「ロゴ」はそのチームを表す一種の記号のようなもの。それぞれのチームの伝統や歴史だ。創立から同じものを使い続けているところもあれば、時代に合わせて変化するところもある。 ユヴェントスのブランディング戦略  近年大きく変化したクラブでいうと、ユヴェントスがあげられるだろう。  ユヴェントスを含む多くのサッカークラブのエンブレムは、基本的に紋章に由来している。紋章の起源 […]

怪物ハーランドの全ハットトリック集

 今やメッシやクリスティアーノ・ロナウドの次を担うスターとして、注目を集めるエルリング・ハーランド。  ノルウェー代表FWとしても活躍するハーランドは、母国ブリンFKからキャリアを始め、国内の名門モルデへ。そのポテンシャルをレッドブル・グループが高く評価し、RBザルツブルクへ移籍すると才能が爆発。瞬く間に次世代のストライカーに名乗りを上げると、同グループのRBライプツィヒやいくつものメガクラブが争 […]

EURO2020/レッドブル選手の個別レビュー

 新型コロナウイルスの感染拡大により、1年遅れで開催されたEURO2020。  有観客で行われた大会は、まだ100%ではないもののフットボールの熱が戻り、ウェンブリーでの激闘を制したイタリア代表の優勝で幕を閉じた。  今回は、そんなEURO2020に出場したレッドブル選手のパフォーマンスを振り返るレビュー記事となる。なお、「レッドブル選手」と定義する基準はRBライプツィヒ、RBザルツブルクが保有権 […]

優勝すべきだった? 「期待値」で振り返る20/21シーズンのRBライプツィヒ

 20/21シーズンのブンデスリーガを2位で終えたRBライプツィヒ。  「バイエルンに勝てたな」、「2位で充分」、「CL出場権を獲得できれば良し」など様々な“印象”があるだろう。今回はそういったイメージを削ぎ落として、「期待値」の観点からこの結果は妥当なものだったのかを見ていきたいと思う。 期待値とは?  期待値については、近年よく耳にするワードだろう。最もメジャーである「ゴール期待値(Expec […]

ナーゲルスマン退任で幻となった「グヴァルディオルと7レーン理論」

 4月27日、バイエルン・ミュンヘンは、全てを勝ち取ったハンジ・フリックの後任としてユリアン・ナーゲルスマンを招聘すると発表した。  28歳でホッフェンハイムの監督に就任し、RBライプツィヒでの2シーズンを経て、ドイツの絶対王者にたどり着いた33歳の智将。彼の理論と来季RBライプツィヒに加入する1人の選手について、少しだけ書いていきたい。 “コーチ・トレーディング”成功  昨シーズンCLベスト4、 […]

「レッドブル・イズム×マインツDNA」 今こそ残留争い真っ只中のマインツを注目すべき理由  

 開幕6連敗、選手の練習ボイコット、監督交代…。今季のマインツは、シャルケと並んでどん底のスタートだった。  日に日に2部降格が現実味を帯びる中、ひとつの大きな人事が事態を好転させることになる。 マインツを知る男達の帰還  シーズンが折り返しを迎えた2020年末、クラブはクリスティアン・ハイデルを取締役会に復帰させることを発表。また、2017年まで監督を務めていたマルティン・シュミットをSDとして […]

Comments最新のコメント

CLOSE