RBザルツブルク時代の輝きをもう一度 ハイダラ復活への道

RBザルツブルク時代の輝きをもう一度 ハイダラ復活への道

 ナビ・ケイタ、ダヨ・ウパメカノらからファン・ヒチャンまで。これまでRBザルツブルクからRBライプツィヒへと”昇格”して行った選手は数多くいる。

 アマドゥ・ハイダラもその一人だ。

 マリ代表MFはRBザルツブルクで躍動感あるプレーを披露。2018年にはムバッペやプリシッチらと共に若手版バロンドールである「コパ・トロフィー」の候補者にノミネートされた。

 しかし、RBライプツィヒへ移ってからは期待値通りのパフォーマンスを見せているとは言い難い。今回は、そんなハイダラの現状や活きる道、そして今後の可能性について素人ながら考察していきたいと思う。

ローゼの元で成長

 まずは、RBザルツブルク時代について振り返る。

 16/17シーズンにRBザルツブルクに加入したハイダラにとって、キーパーソンとなったのがやはりマルコ・ローゼ(現ボルシアMG監督)である。

 RBザルツブルクU19の監督だったローゼは、ハイダラやハンネス・ヴォルフ(現ボルシアMG)らを中心としたチームで、若手版CLであるUEFAユースリーグを優勝。その実績が評価され、翌シーズンからトップチームの指揮官に昇格した。恩師の就任によって、ハイダラはトップチームで本格的にプレーしていくことになる。

 ローゼ、そして彼の右腕であるアシスタントコーチのレネ・マリッチとアレクサンダー・ツィーグラーが最も得意とするフォーメーションが[4-3-1-2]。中盤がダイヤモンドのため、[4-D-2]とも呼ばれる。ハイダラは、ユース時代からこの布陣の中盤右を主戦場としていた。

 トップチームでのハイダラは、右ハーフスペースにポジションを取り、大外のレーンを駆け上がる右SBシュテファン・ライナー(現ボルシアMG)と被らないように幅を作るなどして、ダイナミックなプレーでファンを魅了。17/18シーズンのELベスト4に大きく貢献した。

ドイツでの苦心と光明

 しかし、ステップアップしたライプツィヒの地では、まだ本領を発揮できていない。

 ここまでラングニックとナーゲルスマンの元でプレーしたハイダラは、右よりも左側のボランチやインサイドハーフで起用されることが多かった。個人的には、彼が左ハーフスペースでボールを持ってカットインやチャンスメイクするプレーは窮屈そうに見え、ダイナミズムが失われているようにも見えた。また、2セントラルで起用された時には、しばしばフィルター能力の欠如を露呈していた。

 このハイダラのウィークポイントについて、ローゼは元々わかっていたのかもしれない。印象的だったのが、17/18シーズンのELベスト16ドルトムント戦だ。

 この試合でのローゼは、自身の18番である[4-D-2]ではなく、中盤がフラットの[4-4-2]を採用。この時の中盤の並びは左からシュラーガー(現ヴォルフスブルク)、サマセク(現ホッフェンハイム)、ヴァロン・ベリシャ(現スタッド・ランス)、ハイダラだった。つまり、ハイダラを2枚で守る中盤センターから避け、右ワイドに置いたのであった。

 そんなハイダラにもRBライプツィヒでフィットする兆しが見える。

 ナーゲルスマンは独自の戦術用語を使うことで有名で、その中に「ジョーカー」というワードがある。ジョーカーとは左右のウイングバックのことを指し、攻撃時に直接ゴールに絡むような役割を求められている。特に昨季のアトレティコ・マドリード戦では、右WBに3列目が本職のライマーを起用。可変システムの肝となった。

 残念ながら、ライマーは今季負傷により長期離脱中。そこで、開幕戦にそのポジションに抜擢されたのがハイダラだ。彼は得意な右寄りポジションでのプレーに躍動し、ジョーカーとしてのタスクである得点も決めた。

ロールモデルはあのオランダ代表MF?

 現在のフットボールでは、どのポジションでも求められることが多岐に渡っている。セービングだけに長けたGKや、ボックスの中のみで仕事が出来るストライカーは居場所を失いつつある。

 中盤の選手もそうだ。インサイドハーフの選手がよりフィニッシュに近い仕事をこなすようになっている。これを最高級に行える選手は現在ケヴィン・デ・ブライネだろう。

 ハイダラにデ・ブライネのような振る舞いを求めるのは酷であるが、例えば今季アヤックスからマンチェスター・ユナイテッドに加入したドニー・ファン・デ・ベークならどうだろう。彼はいわゆる典型的な10番のプレースタイルではないものの、アヤックスでは[4-2-3-1]のトップ下として頻繁にライン間に入り、0トップのタディッチと連携しながら得点に多く関わった。

 当然フォルスベリ、ダニ・オルモ、ヌクンクのような選手がいながら、わざわざこのようなポジションに置くのはあまり現実的ではない。だが、引き出しの多いナーゲルスマンなら、その可能性を排除できないとも思える。その時は、先に述べた彼が弱点とするところを改善し、コンフォートゾーン(居心地のいい場所)を広げた瞬間だろう。

 今季は良い滑り出しから新型コロナウイルスに感染し、今節に復帰した。これからの巻き返しに期待したい。

ファン・デ・ベークがロールモデルになりそうだなというところは、footballistaの最新号を読んでいて感じたので書きました。

RBライプツィヒカテゴリの最新記事

CLOSE