元RBライプツィヒ戦士のボイドがドイツに復帰

元RBライプツィヒ戦士のボイドがドイツに復帰

ドイツ3部のハレシャーFCは、元アメリカ代表FWのテレンス・ボイドを獲得したと発表した。

ブレーメン生まれのアメリカ人FWは、オーストリアのラピド・ウィーンでブレイクすると、14/15シーズンに当時2部にいたRBライプツィヒに加入。
しかし、RBライプツィヒでは怪我に悩まされて本領を発揮出来ず、チームが1部に昇格した翌シーズンには一度もトップチームのスカッドに入れなかった。

そのシーズンの冬にダルムシュタットへ移籍し、今年の冬からはMLSトロントFCに在籍していたが、無得点に終わっていた。

生まれ育った国に戻り、以前のフォームが戻ることを願いたい。

28歳なのでまだまだやれるはず。とにかくボイドはまず怪我だけですね。

RBライプツィヒカテゴリの最新記事

CLOSE