EURO2020の組み合わせが決定 ドイツは前回王者のポルトガル、W杯王者フランスと同居する死の組に

EURO2020の組み合わせが決定 ドイツは前回王者のポルトガル、W杯王者フランスと同居する死の組に

来年開催されるヨーロッパナンバーワンの国を決める大会EURO2020。
そのグループリーグ抽選が行われた。

ヴェルナー、クロスターマン、ハルステンベルクが継続的に招集されているドイツ代表はポルトガル、フランス、プレーオフAの勝者(アイスランド、ルーマニア、ブルガリア、ハンガリーのいずれか)と同居する組み合わせとなった。
前回王者のポルトガル、ロシアW杯チャンピオンのフランスだけでも難しい相手なのだが、その上プレーオフ勝者も一番ランクの高いAという最も厳しいグループに割り当てられた。

RBライプツィヒやザルツブルクの選手が多く代表に選出されているレッドブルの地元オーストリア代表は、復活傾向にあるオランダ代表やウクライナ代表らと同組に。

そのほかにもアンパドゥのウェールズ代表、ポウルセンのデンマーク代表、シックのチェコ代表、フォルスベリのスウェーデン代表なども本大会に出場する。
彼らが来年の夏活躍出来るよう、今季クラブで良い流れを作って欲しい。

前回大会から出場国が24ヶ国に増えて3位通過(成績上位)も可能になったわけですが、グループFはどこが最下位でも不思議ではないですね・・・。

RBライプツィヒカテゴリの最新記事

CLOSE