RBライプツィヒがU19の若手4人とプロ契約を結ぶ

RBライプツィヒがU19の若手4人とプロ契約を結ぶ

RBライプツィヒは下部組織のU19所属選手4人とプロ契約を締結したと発表した。

プロ契約を勝ち取ったのはオリバー・バイアス、マックス・ウィンター、ヤコブ・ラナー、アントン・リュッカーの4人。

バイアスとラナーはウィンガー、ウィンターは中盤センター、リュッカーはセンターバックを本職とする選手。

彼らは4人共ドイツ人ということで、かねてから言われていたRBライプツィヒの「ドイツ人枠問題」を解消するための動きとも言えそうだ。

契約は4人全員単年の2020年までとなる。

ドイツ人枠のためでもあるでしょうけど、この世代はは昨シーズンのU19DFBポカールのファイナリストなので実力にも期待したいですね。

RBライプツィヒカテゴリの最新記事

CLOSE