アウグスブルクがGKを確保 ムヴォゴの去就がさらに不透明に

アウグスブルクがGKを確保 ムヴォゴの去就がさらに不透明に

アウグスブルクは、レンヌからチェコ代表GKトマス・コウベックを5年契約で獲得したと発表した。

アウグスブルクは、RBライプツィヒのセカンドGKであるムヴォゴを狙っていると言われていたが最近はトーンダウン。
これでその噂は完全に消滅したと言っていいだろう。

また、フランクフルトが獲得に興味を示しているものの、これはローン元のPSGに現在は戻っているケヴィン・トラップを買い取れなかった場合のプランB。

RBライプツィヒに残ったとしても、グラーチが絶対的な守護神として君臨している上に、このハンガリー人が来季仮に移籍した場合も、シャルケの若手有望株ニューベルを狙っていると言われており、この先ファーストチョイスになる可能性は低いと言わざるを得ない。

厳しい状況に置かれているムヴォゴの去就は未だ不透明のままだ。

ヤングボーイズで見た時にビッグセーブを連発していて凄いGKだなと思ったんですが、1stGKで使うには足元の技術などがちょっと不安なんですよね。試合勘もあるかもしれませんが。

RBライプツィヒカテゴリの最新記事

CLOSE