ザルツブルクのサマセク、ホッフェンハイム移籍へ

ザルツブルクのサマセク、ホッフェンハイム移籍へ

RMCは、ザルツブルクのディアディ・サマセクがホッフェンハイムへ移籍すると報じた。

5年契約、移籍金は1400万ユーロで、明日メディカルチェックを受ける模様。

マリ代表の23歳は、レッドブル・グループのアフリカコネクションとして15/16シーズン、リーフェリングに加入。
翌年ザルツブルクに昇格すると、ホールディングミットフィールダーとしてレギュラーに定着。
特に、2シーズン前のELベスト4へ進出した際にはチームと共に大きく評価を高めた。

そのため、以前から多くのステップアップの噂があり、昨季はミランへの移籍が伝えられ、今夏にはドルトムント、RBライプツィヒ、モナコ、マルセイユなどが候補に上がっていた。

そんな中、ここにきてホッフェンハイムが獲得競争のポールポジションに急浮上。
ホッフェンハイムは、今季ナーゲルスマンがRBライプツィヒの監督に就任し、アヤックスでテン・ハフのアシスタントコーチをしていたシュロイダーを後任に据えた。

前任者は3バックの前に、ルディやグリリッチュなど攻撃に色がある選手を起用していたため、守備的なセンターハーフはほぼ不在。
なので、新監督はそういったタイプの選手を欲した可能性がある。

ザルツブルクにとって、ここ数年中盤の3列目の主力だった選手が抜けるのは痛いが、今季はマーズチがベルネードを起用するなど、サマセクが移籍することを前提として編成を行っていた。

思ったより移籍が具体化するのに時間がかかったなという印象ですね。

RBライプツィヒカテゴリの最新記事

CLOSE