RBライプツィヒのザビッツァーが契約延長

NO IMAGE

RBライプツィヒのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーが2022年まで契約延長した。


ザビッツァーは2014年にライプツィヒに加入。
最初のシーズンはザルツブルクにローンされ、翌年から2部にいたライプツィヒに所属した。

2部時代は主にポウルセンと2トップを組んでセカンドトップを務めていたが、1部に昇格するとヴェルナーの加入もあって4−2−2−2の中盤右のポジションで初年度から2位の躍進を支えた。

その活躍が認められて、昨年のオーストリア年間最優秀選手にも選ばれた。
この賞は長らくバイエルンのダビド・アラバが連続受賞していた。

すでにナビ・ケイタのリバプール移籍が内定しているライプツィヒ。
ヴェルナーやフォルスベリ、ウパメカノなど若くて才能のある選手がビッグクラブから狙われる中、主力選手の契約延長はクラブにとって大きいだろう。

RBライプツィヒカテゴリの最新記事

CLOSE