日本代表結果:大迫、南野の得点でパラグアイに完勝(ハイライト動画あり)

日本代表結果:大迫、南野の得点でパラグアイに完勝(ハイライト動画あり)

日本代表は、カシマスタジアムでパラグアイ代表と対戦して2−0で勝利した。


スタメンはこちら。

フォーメーションは4−2−3−1。
GKには権田が選ばれ、柴崎の相方は橋本拳人となった。



得点はいずれも前半に生まれた。
前半23分、橋本拳人からの縦パスを受けた中島は、2人にプレスをかけられたことを見てワンタッチで堂安へ。
堂安もワンタッチでオーバーラップした長友に出すと、フリーで低めのクロス。
これが少し相手選手に当たってコースが変わったところを、大迫が左足でニア上に決めて先制。

30分、両SBが上がって幅を取る中、橋本拳人が吉田の左に落ちてきてビルドアップに参加すると、そのまま持ち上がる。
長友のオーバーラップは使わずに相手2人の間を通して近くの中島へ。
大外の酒井宏樹にパスを出して、この折返しのクロスを南野が決めた。

後半開始時、堂安⇢久保、中島⇢原口をそのままのポジションで交代。
酒井宏樹に代えて植田を投入して冨安を右SBに。ボローニャのやり方を採用した。

後半は主に久保にチャンスが多くあったが、追加点は生まれず終了。

レッドブル勢としては、南野がフル出場で1ゴールだった。



ハイライトはこちら。

得点は2点とも良い形だったんじゃないでしょうか。冨安が凄かったです。

ザルツブルクカテゴリの最新記事

CLOSE