RBライプツィヒがベテランGKチャウナーを獲得

RBライプツィヒがベテランGKチャウナーを獲得

RBライプツィヒはハノーファーからフィリップ・チャウナーを獲得した。

契約は2021年まで、背番号は33となる。

33歳のベテランGKは、ハノーファーが2部に降格し、正守護神だったツィーラーがレスターへ移籍した16/17シーズンから2シーズンに渡ってゴールマウスを守ってきた。

しかし、昨季はエッサーがファーストチョイスとなったため、冬に2部のインゴルシュタットへローン移籍し、そこではレギュラーとして全試合に出場した。

今シーズンはローンから戻ってきてはいたが、ツィーラーがシュツットガルトから復帰したため、スカッドから溢れたチャウナーは新天地への移籍ということになった。

RBライプツィヒは昨季ブンデスリーガナンバーワンのパフォーマンスを見せたグラーチが絶対的な守護神で、2番手のムヴォゴが出場機会を求めてアウグスブルクへ加入するはずだったが破談し、去就不透明な感じだ。
なので、現状ではチャウナーはGKの序列3番手としての獲得ということになる。

また、これに合わせて、U19チームから同じくGKのティム・シュレイバーとプロ契約を結んだことも発表された。

チャウナーとシュレイバーはドイツ人なため、一先ずRBライプツィヒは、これでドイツ人枠を12人埋めることに成功した。

ムヴォゴはどうなるんでしょうね・・・

RBライプツィヒカテゴリの最新記事

CLOSE