ニューベルがシャルケの主将に就任 今夏の移籍は消滅か

ニューベルがシャルケの主将に就任 今夏の移籍は消滅か

この夏シャルケの監督に就任したデイヴィッド・ワグナーは、今季のキャプテンをニューベルに任せることを明かした。

22歳の若き守護神は、契約が今季限りで満了となり、延長を渋っているとのことで、バイエルンやRBライプツィヒが獲得に興味を示していると報じられていた。

今回のキャプテン抜擢により、一先ず今夏での移籍については消滅に向かっていると思われる。

ただ、依然として契約延長の話にはなっていない模様のため、来季フリーで移籍する可能性が低くない。

ちなみに、このニューベル主将就任のツイートに対しては、シャルカーからネガティブなリプライが多く見られる印象だ。

キャプテンになったから、背番号10になったからなどで残留が確定するわけではないですが、取り敢えず今季は残りそうですかね。契約延長することなく2020年を迎えたらまた移籍報道が活発化しそうですね。

RBライプツィヒカテゴリの最新記事

CLOSE