3/36ページ

3/36ページ

RBライプツィヒ選手にスキャンダルか イルザンカーに強姦容疑

『Salzburger Nachrichten』は、RBライプツィヒのステファン・イルザンカーが女性に対して性的暴行を加えた疑いについて報じている。 記事によると、イルザンカーは1月4日にザルツブルクのアパートで行ったパーティーで、26歳の女性に対して性的暴行を加えた可能性があるとのこと。その場では、多くのアルコールが摂取されていたとも伝えられている。 イルザンカー本人は、この26歳女性の告発につ […]

RBライプツィヒに突然の大きな流出 副キャプテンのデンメが心のクラブであるナポリに移籍へ

『kicker』は、RBライプツィヒの副キャプテンであるディエゴ・デンメのナポリ移籍について報じた。 デンメは、13/14シーズン冬にパーダボルンから当時3部だったRBライプツィヒへ移籍。それから中盤の重要な存在として、1部で上位争いをするまでなったクラブと共に成長を遂げてきた。 そんなデンメにとって、実はナポリというチームは特別なクラブ。デンメの父親はイタリア・カラブリア州出身のナポリファンで、 […]

ルックマンがプレミアリーグ復帰か FW陣不調のニューカッスルへ

『Sky Sports』は、ニューカッスルがRBライプツィヒのアデモラ・ルックマンに対して、買取りオプション付きのローン移籍での獲得オファーを送る構えと報じた。 ルックマンは、17/18シーズンの冬にエヴァートンからRBライプツィヒにローンで加入。当時の監督だったハーゼンヒュットルには、主に4−2−2−2のダブルトップ下で起用されて活躍した。次のシーズンもブンデスリーガで戦うことを本人もクラブも望 […]

南野加入のリヴァプール、夏に来日を計画 古巣セレッソ大阪との対戦か

『スポニチ』は、南野拓実が加入したリヴァプールと古巣であるセレッソ大阪のプレシーズンマッチが計画されていると報じた。 リヴァプールとセレッソは、共に日本ハムがスポンサーとして付いていることもあって、クラブ関係者の間では話題に上がっているとのこと。 セレッソは、香川真司がマンチェスター・ユナイテッドに在籍していた頃も、凱旋試合としてプレシーズンマッチを組んでおり、当時まだ10代だった南野はその試合で […]

南野とハーランド移籍のザルツブルク、メルギム・ベリシャに続いてニアンボの早期ローンバックを発表

ザルツブルクは、ヴォルフスベルガーへローン移籍していたアンダーソン・ニアンボを早期復帰させたことを発表した。 ニアンボは、今季ヴォルフスベルガーで公式戦26試合出場で9ゴール7アシストと活躍。その中ではELでも2アシストを記録している。元々は1年間のローン契約だったが、南野とハーランドの流出により、メルギム・ベリシャと共に早期での復帰となった。

元ザルツブルクのエースストライカー、ダブールがホッフェンハイムへ移籍 セビージャではほぼ構想外

ホッフェンハイムは、セビージャからイスラエル代表FWムナス・ダブールを獲得したと発表した。背番号は10をつける。 16/17シーズンにスイスのグラスホッパーからザルツブルクに加入。オスカル・ガルシア政権では重要な存在になれず、半年で古巣にローン移籍となったが、復帰後マルコ・ローゼが就任してからはエースの座を掴んだ。 そして、ザルツブルクでの2年間の活躍が評価され、18/19シーズン中にセビージャへ […]

ザルツブルクがメルギム・ベリシャのローンバックを発表 南野、ハーランドの穴埋めへ

ザルツブルクは、アルタッハへ移籍していたメルギム・ベリシャのレンタルを早期打ち切りしてローンバックしたことを発表した。 ベリシャは、16/17シーズンにマルコ・ローゼの元、UEFAユースリーグを制したザルツブルク期待の世代の1人で、ここ数年はLASK、マグデブルク、アルタッハにローン修行をしていた。 アルタッハにローンされていた今季は、ここまで公式戦20試合出場で9ゴール6アシストと好調を維持。元 […]

RBライプツィヒが未来の正GKを用意か アーセナルも狙ったスペイン人守護神

『MARCA』は、RBライプツィヒがスペイン2部ラス・パルマスのジョゼップ・マルティネス獲得に乗り出していると報じた。 21歳のスペイン人守護神は、昨季途中からトップチームのポジションを獲得し、今季も引き続きスタメンで出場を続けていたが、第17節からポジションを奪われて現在ベンチとなっている。 マルティネスは、夏にもアーセナルやベティスからの関心が伝えられていた期待の若手で、移籍金は300万ユーロ […]

ガラタサライが正式にサラッチ獲得を発表 1年半のローン移籍

ガラタサライは、RBライプツィヒのマルセロ・サラッチを1年半のローンで獲得したと発表した。 サラッチは昨季リーベルプレートからRBライプツィヒに加入。序盤はハルステンベルクの負傷離脱もあってスタメンで出場していたが、ドイツ代表SBが復帰してからはベンチが定位置に。今季もDFラインの相次ぐ離脱で出場機会が訪れたものの、不安定なパフォーマンスの試合が多く、ナーゲルスマンの信頼を掴むことは出来なかった。 […]

RBブラガンチーノ、鹿島アントラーズ行きを発表したザーゴの後任としてプレミアリーグで指揮経験もあるポルトガル人を狙う

先日、鹿島アントラーズが昨季まで監督を務めていたザーゴの就任を一方的に発表したとして公式声明を発表したRBブラガンチーノ。 どういった決着になっても、ザーゴが今季もRBブラガンチーノを指揮する可能性は極めて低いため、クラブは後任の監督を探している。 その中で次期監督として名前が挙がっているのが、ポルトガル人指揮官のカルロス・カルバリャル。 カルバリャルは、現在ポルトガルリーグ7位につけるリオ・アヴ […]

CLOSE